引越しの相場を比較しよう「我々荷物戦隊」

引越業者選び

家族

複数の見積をとる

毎年3月から4月にかけては、就職や進学などの伴う引越しシーズンです。日本の中心である東京から九州地方最大の都市である福岡市へは、多くの者が引越しすることになります。東京都は日本の首都であり、日本最大の都市です。東京都の人口はおよそ937万人であり、日本の政治・経済の中心地です。福岡市の人口はおよそ150万人です。福岡市は、九州地方の経済・文化の中心地です。また、福岡市には東京を本店とする日本有数の大企業の支店や営業所が設置されています。引越しにかかる費用を抑えるためには、複数の引越業者から見積もりをとることにあります。引越しの作業を依頼する業者によっては、引越費用が平均よりも高い場合があるからです。インターネット上には、引越費用を簡単に見積もることのできる一括見積サイトがありますので、これを利用することで、複数の業者から簡単に見積りをとることができます。引越費用を抑えるためには、引越しの時期を考慮する必要があります。3月下旬から4月上旬にかけては、多数の人が引越しするシーズンでもあり、トラックや作業員の確保が難しく、引越費用が多額となる場合があります。特に、土曜日や日曜日などの引越しには平日の料金の2倍以上になる場合もあります。また、引越作業の全て業者に任せると、その分高くなってしまうでしょう。ですから、引越費用を少しでも抑えるためには、引越しのハイシーズンである時期を外し、平日に実施して、梱包作業など自分でできるものは自分で行うようにする必要があります。

転居前後にやるべきこと

ダンボール

引越には多くの手続きがつきまといます。旧住所の役所での転出届と新住所の転入届、インフラの使用停止と新たな使用開始契約、自動車に関して免許証、車庫証明、車検証の住所変更の手続きなどを必要とします。これらは忘れずに行わなければなりません。

転居の料金を把握する方法

女性

引越し費用を減らす方法として、荷物を減らしたり繁忙期を避けることは有効な手段です。またそれだけではなく、自分の引越し形態に合った業者を選ぶことでも料金が安くなるでしょう。一括見積もりなどを利用するのも良いでしょう。