引越しの相場を比較しよう「我々荷物戦隊」

転居前後にやるべきこと

ダンボール

転居前後のセットで考える

引越にあたっては多くの手続きをしなければなりません。はじめに役所への転出届の提出です。住民票を引越先に移すために欠かせないプロセスです。記入内容は各市町村により若干の差異がありますが、必ず新住所を書く欄はあります。つまり転出届は引越先が決まっていないと提出できません。書類を提出して受理されると転出証明書が発行されます。これで旧住所の役所での手続きは終わりです。なお、転出届はいつでも提出できますが、一般には引越2週間前くらいから手続きします。また役所まで行かなくても郵送でも受け付けています。引越後は、新住所の役所で転入届を提出します。転入届は引越から2週間以内に出さなければなりません。その際には転出証明書が要りますので、忘れずに持っていきましょう。インフラについてです。電気・ガス・水道・インターネットなどが該当します。これらは引越前に使用中止手続きを終えておく必要があります。電話、FAXあるいはウェブで手続きできます。当然新住所で利用できるように新たに契約することになります。こちらも同じような手段で手続きできます。電気と水道については契約しなくても使用自体はできますが、できるだけ早期に申込することが求められます。またガスの利用開始には住人の立ち合いが必須という点もおさえておきましょう。免許証についてです。新住所の警察署や運転免許センターで更新手続きします。住民票が必要になります。警察署では車庫証明の住所変更も行えます。車庫が変わった日から数えて15日以内に手続きしなければなりません。また、陸運局や軽自動車検査協会で車検証の住所変更をしなければなりません。また引越をするなら早めに専門業者に連絡を入れておくことが大切です。特に引越シーズンは予約で埋まってしまうことがあるので、自分の都合のいい時間帯に引越がしたい方は、早めの予約を心がけましょう。